考古学調査で活躍する非破壊検査の技術

スポンサーリンク

最先端の建築分野で大活躍する非破壊検査の技術ですが、まったく逆の古代の建物に対しても大きな効果を発揮します。 非破壊検査の技術が大きく貢献しているのが、考古学の分野です。
考古学の分野では遺跡や出土品を検査することで新たな発見がもたらされるのですが、一番問題になるのが遺跡や遺物を保存しつつどのように調査を行うのか、ということです。

検査対象物そのものに価値があるため、いくら調査のためとはいえ迂闊な調査は行えません。
万一は損が発生してしまえば人るの貴重な財産を失ってしまうことになりかねませんから、細心の注意を払って傷をつけないように調査を進める必要があります。

遺跡遺物を破壊せずに調査を行いたい。
そんな考古学界のニーズは、非破壊検査の技術とぴったりと合致します。対象物にダメージを与えずに検査を行うことができますから、この技術をフル活用することで古代の神秘を解き明かしつつ人類の遺産を守るという課題をクリアできるです。

古代エジプトを代表する遺跡であるピラミッドは、内部調査が進められているものの今なお未解明の部分が数多く残された神秘の遺跡です。調査目的であっても破壊することは許されませんし、一部を破壊することで全体にまでダメージが及んでしまう可能性があるので調査はなかなか進んでいません。

そんな停滞した状況を打破するのに役立ったのが、非破壊検査の技術です。対象物を破壊せず内部構造からその先の状況までを確実に調べることができるので、ピラミッドの内部構造を正確に調査することが可能になり、未解明部分がどのようになっているのかをダメージを与えずに明らかにすることができました。

現在ではピラミッドの内部構造に関してはかなりの正確性で解明に成功しています。本格的な調査をどのように行うのかは今後の検討課題ですが、移籍を破壊せずに内部を調査出来たおかげで遺跡調査が飛躍的に進んだのは事実です。今後も色々な遺跡の調査に技術が応用されていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加