中古機械の買取を利用するには?

スポンサーリンク

久しぶりに高校のプチ同窓会で友だちに会ってきました。
近場に住んでいる人しか参加できなかったのですが、前回の同窓会から数年がたっているので久しぶりに会えてよかったです。

お互いの情報交換に花を咲かせていましたが、仕事の話になるとあまり明るい話がなかったです。

誰それがリストラにあったとか、東京に仕事を探しに行ったとか、仕事を辞めて帰ってきたとか落ち込みそうになる話ばかりでした。( ̄ロ ̄lll)

中でも仲のよかった子が工場の事務として働いているのですが、来月いっぱいで工場を閉めることになったので今その準備でいろいろ大変だと言っていました。… Σ(゚ω゚)

次の仕事は決まっているということなので、ひとまず安心だということですが、残務整理がたくさんあるので毎日残業続きだと言っていました。(>_<)

そういえば、学校の近くにあった工場も今はつぶれて、廃墟になっているみたいです。
不景気なので工場関係はいろいろ大変みたいです。

友だちが今行っている残務整理は、工場にある機械の処分だと言っていました。
少しでもお金にしたいということで、
中古機械の買取をしてもらうそうです。

中古機械の買取を行っている業者がたくさんあるので、選ぶのが大変だということです。
機械の種類によって扱っている業者と、扱っていない業者があるので、主な中古機械の買取の業者に査定をしてもらい、なるべく高額で買い取ってくれる中古機械の買取の業者に売りたいということです。

車の中古の買取というのはよく聞きますが、中古機械の買取というのもあるのですね。

テレビ番組でもときどき見ますが、工場にある機械って高いです。
1台数百万円とか数千万円といった感じです。
それが工場に何台もあるとなると、買ってもらうときには少しでも高く買ってくれる業者に頼むか、そうでないかによって、かなりの差が出てくると思います。(-“”-;)

それによって工場の今後の後処理が大きく違ってくるというのですから、友だちも大変な仕事を任されたものです。^^;

できるだけ高く買い取ってくれる業者を見つけれたらいいと思います。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加