趣味 一覧

スポンサーリンク

花の世界は永遠の憧れ

ある着付け師の方のブログを愛読しているのですが、きれいでオシャレで料理も上手で、何をやってもセンスの塊のような方です。
毎日の着物コーディネート画像のほか、フラワーアレンジメントの教室に通われていて、よくご自身や先生の作品をアップされるのも楽しみにしています。
それを見ていると、花の組み合わせやブーケのデザインは本当に無限なんだなあといつも感動です。
それにしても、何でもできて、さらに花の資格までとるおつもりとは…なんて女子力の高いセレブ!
その完璧さには驚いてしまいます。

残念ながら私はセレブとは程遠いですが、プリザーブドフラワーの資格をとるチャンスはありました。
大学時代、アルバイト先によく年配の華道の先生がいらしていて、孫みたいで可愛いと本当に良くして頂きました。
その方がある日、ご自身の教室に誘ってくださったのです。

しかもレッスン料は要らない、お花代だけでいい、という超特別待遇です!
「貴女に何かをしてあげたいけれど、私にできるのはお花しかないから。興味がないなら無理しなくていいんだからね。」
とおっしゃいましたが、とんでもない!

先生の作品は何度も拝見したことがあって、実はその世界にものすごく惹かれていました。
でも当時はちょうど別のことを始めて夢中になり出したところだったのと、やはりお稽古代が無料というのはあまりに申し訳なくて、遠慮させて頂くことにしたのです。

あの時思い切って始めていたら、今頃私も、憧れの花の資格を持っていたのかもしれません。

flower_arrange


カルトナージュにハマった姉

借りていた本を返しに姉の部屋に行ったら、テーブルいっぱいにものを広げて、何か作業をしている。
テーブルには、粘着面のないマスキングテープのようなものや、切手を貼るときに使うスポンジ、へら、金属製の定規など、見慣れないものがたくさん並んでいた。
何をしているのかと聞くと、カルトナージュを作っているという
カルトナージュとはボール紙に厚みのある紙を貼った化粧箱のことだ。
なんでも、海外発祥の工芸品だとかで教則本もたくさん出ている人気のクラフトらしい。
私は知らなかったが。本も見せてもらった。

作れるのはフタのついた四角い箱だけかと思っていたら、意外にいろいろな種類があり関心した。
まるで本のように見える箱や、宝箱タイプの箱、オルゴールタイプの箱、筒状になったものもある。
箱をマスターしたら、次はもっと複雑なものを作れるようになるらしい。
たとえば引き出しの付いたカラトリーボックスや、ドーナツをテイクアウトする箱に似た形のソーイングボックスとか。
見ただけではどうやって開けるのかわからない複雑な形の小物入れもあった。
市販のノートやアルバムをリメイクして、表紙を付けることもできる。

1111aJPG
意外と実用的なものが作れるようだ。
本を読んで、個人的に気に入ったのはフタがクリアになった眼鏡ケース。
本で紹介されている紙の柄が気に入ったので同じのを作ってとお願いしたら、ムリ!と一刀両断された。
欲しかったら自分で作るしかないのかもしれない。

興味が出てきたので自分でもネットで調べてみたら、初心者用のキットが販売されていた。
姉が作っているところを見た後で私も始めるのは、姉のマネをするようであまりいい気分ではない。
それに、必要な道具を買いそろえるのも面倒だ。
飽きっぽい姉のことだ。
いくつか作品を作ったら別のものに気持ちが逸れるだろうから、そのとき道具類を借りて作ってみてもいいかもしれない。
それまで、カルトナージュはお預けにしておこうと思う。


クレイアートに嵌っています

クレイアートって知っていますか。年度を使って作品を創作するアートのことなのですが、私は今これに嵌っています。

hanataba

お人形やブローチ、ブーケ、小物入れなど結構色んなものが作れるのですよ。

子どもの頃にしていた粘土遊びを思いだすと手が汚れていたようなイメージがありますが、

クレイアートに使う樹脂粘土は手にもつかず、部屋も服も汚れません。

私がクレイアートにはまったきっかけは教室を見かけたことです。

普段は電車で通勤している道のりを天気も良かったので何となく2駅分だけ歩きました。

その道程にこの教室があったのです。

ウィンドウにとても豪華なブーケが飾られ、その周りには可愛らしいお人形がちりばめられておりとても素敵でした。

仕事が終わるのが不定期なので月謝制だったら躊躇したかもしれませんが、そこは月謝制ではなく、1回の受講料もそんなに高くありませんでした。

それで、なんとそのままその足で受講予約をしてきてしまったのです。

1回目の受講時に作ったのはとても簡単な小物です。

マグネットを埋め込んだウサギの顔を作りました。

今も冷蔵庫の扉で活躍してくれています。

それからも不定期に通い続け、作品は増え続けています。

飾り付けている棚の上や、賑やかになった冷蔵庫の扉を見るとにんまりしてしまいます。

今はブーケに挑戦中です。

ウィンドウに飾られていたブーケがとてもかわいかったのでずっと挑戦したかったのです。

小さなブーケで、しかもまだ1輪分しか作れていませんが、細かなパーツが多くて少し大変です。

でも、教室の先生に教わりながらですので不器用な私でもそれなりのお花ができました。

あと数輪のお花を作り、コーディングしていきます。

完成したら出窓に飾る予定です。

今は何もない出窓を見るたびに夢も膨らみます。

そして、この教室ではクレイギフト科講師の免許を取得できるそうなので、今はその勉強もしています。

資格を取って何をするというわけでもないのですが、今は勉強するのがただただ楽しいです。


スポンサーリンク