スポンサーリンク

同じことをするクセを継続するのが一番良いのです。

illust1339_thumb

子供の鉛筆を買って来たのですが、鉛筆が全くないくらいに使い古してくれているので、ありがたいなとおもいました(*^_^*)

鉛筆が短くなっても使えるように、銀色の鉛筆ソケットみたいなものを2本用意しているのですが、中を見てみると、2本とも鉛筆が削れないほど短くなっていたのです(・_・;)

勉強していることの証しで、親としてこれほど嬉しいことはないですね(^O^)/

勉強は強要することは滅多にはありませんが、宿題だけは強制的に終わるまで机に座らせていますね(^_^;)

宿題は、学校の授業の復習になることが多く、記憶をきっちりと固めてくれるのでした方が良いと思っています。

さらに言えることは、机に向かうというクセがつけば、他のことでもとっかかりが持ちやすいということなのです。

大人になってから、勉強のクセを作ろうとしても、日頃の勉強が足りなければ、やはり机に向かうことも嫌になるでしょう!!

これは子供と同じ現象で、勉強するクセをつけていることで、当たり前になることが分かると思います。

偉大なるワンパターンと言って、毎日同じことをするということが、一番事故を起こさないということなのです。

毎日同じことをするから、スピードにも乗って行って、素早く仕事が出来るということなのです。
クセにするなら、良いクセをつけるようにしたいものですね☆彡


マニキュアは必要ないと思った話

まだ学生だった頃、私は(*^_^*)憧れマニキュアに手を出したことがあります。
オシャレのことなんてわからなかったけれど、なんとなく女子らしいイメージがあったんですよね。

だけど今は全く(-“-)使わなくなりました…
自分は元々面倒くさいことが(ーー;)苦手なので、日々のお手入れも手を抜いているくらいですwwww…

そんな私がわざわざマニキュアという作業を(-“-)増やし、それを綺麗に維持することは(+_+))無理だと気づいたんです。
女性としては×失格かもしれないけれど、それが現実です。

現実的な話をすれば、マニキュアは剥がれやすいので家事をすると思うと(^_^;)抵抗があるんですよね
それに毎日食事を作るので、その意味でもマニキュアを塗りたいとは(>_<)思わなくなったんです

綺麗なネイルを見るとすごいなと感じます。
だけど私には雑誌やネットで綺麗なネイルを見るだけで充分だなと思います。
見ているだけで楽しいというのは、ある意味(*^_^*)幸せなことですね。

nail_art


ストレスによって逆流性食道炎を引き起こすことが

現代人は気付かない所で病気を持っていることがあります。
胃の方から何かが戻ってくるような状態に陥ったことがある方も多いと思いますが、それは逆流性食道炎かもしれません。
この病気は胃の方から色々な物が戻るような感じがあり、常に胃に不快感を与えてしまいます。
この状態で生活を続けていると、最終的には胃がんの病気を発症することになります。
そのため逆流性食道炎はすぐに解消しなければなりません。

胃薬を飲むことで解消することもできるのですが、思った以上に治りは悪い感じです。
しかも効果のある薬というのは限られているので、1度診察を行って正確な状態を把握した方がいいかもしれないのです。
しかし単なる胃もたれだからと勘違いして、診察を受けない方もかなり多いです。
放置していると相当危ない病気でもありますから、出来る限り診察を受けて適切な薬を貰った方がいいと思います。

この病気の原因は色々とありますが、1つは((+_+))ストレスによるものです。
胃の調子というのはストレスによって大きく変わることとなり、胃にストレスがかかりすぎると逆流性食道炎を起こしてしまうのです。
消化が(>_<)悪くなったり、胃に何か(-“-)残っている状態が続いているなら注意が必要です。
またげっぷが多くなっている方もこの病気に陥っている可能性があります。
げっぷは基本的に悪いことを意味することであり、何か問題が起きていると考えてほしいです。

現代人の多くが患っているとされていますが、気付くのは健康診断などを利用した時に限られていることが多いです。
そのため多くの方は病気を知らないまま生活していることとなり、その状態に気付かないまま病状が進行することも多くなっています。
逆流性食道炎を放置すると危ないということをしっかりと理解して、胃の負担をかけないように生活をしていくことも大切です
食道炎となっていますが、基本的に原因は胃の方にあるので、適切な治療を続けて胃の状態を(*^_^*)良くしておけば問題ありません。

 


独身時代よりも今の方が幸せです(^O^)/

主婦である私は毎日、朝5時に目覚ましをセットしています(*^_^*)

本当はもっと遅くまで寝ていたいけれど、家族のために頑張って起きて慌ただしく準備をしています。

独身時代はというと、決してこんなに規則正しい生活を送っていませんでした。
会社へ行こうと目覚ましをセットしても必ず二度寝してしまい、寝坊はデフォでした。
寝坊すれば遅刻してしまうわけですが、そこは社会人として絶対にないように気をつけてはいましたね。

結婚して、子供ができてからはそんなことはありません(^^ゞ
時間になると、まだ布団に入っていたい気持ちはあれど、さっと布団から出ることができるんです。
これってきっと家族愛なのかもしれません(・ω<)

今日はちょっと体調が思わしくなかったんですが、朝の準備だけはちゃんとしました。
愛する主人と子供のために朝ご飯を作り、身支度を整えて、朝きちんと送り出すまでが私の仕事です。

送り出した後は専業主婦なのでゆっくりできますが、やることは山ほどあるんですよね。
例えば、洗濯にしても家の洗濯機は小さめなので、1日に最低でも3回は回さなければなりません。
衣類乾燥機などという便利なものはありませんから、終わる度に手作業で干す作業を繰り返しているのでした(・ω<)(*^_^*)

illust1411_thumb


腕のいい外科病院が揃っています(^O^)/

関節などの問題を抱えている場合、整形外科を利用して治療をすることもあります。
整形外科と言えば美容整形をしている所ではと勘違いされそうですが、実際には関節などの治療を行っている病院だと思ってください(*^_^*)

illust4254thumb

骨粗鬆症による骨の劣化にも対応しており、適切な治療を行っている整形外科もかなり増えています。

またスポーツ関連の整形外科も結構多くなっており、様々な問題を解決するために利用している人が多いです。
奈良の整形外科もこうした治療を行っており、多くの患者を救っています。
関節の痛みに悩む人に対してしっかりと治療を行い、再び普段の生活ができるように変えてくれます。
リウマチなども対象としているので、利用出来る人は結構多いかもしれません。
腕のいい病院が数多く揃っているのが奈良の整形外科であり、多くの病院が知識と腕によって多くの症状を改善しようと頑張っています。

こうした治療を行っている病院というのは、割と最新設備が揃っていることが多いです。
最新の設備は患者に対する負担を軽減しつつ、あらゆる症状に対応できるようになっています。
こうした治療を行うことによって、今まで改善しなかった症状が改善したり、感知したりする場合もあります。
医療に使える設備というのは年々いいものになっており、奈良の整形外科でも多くの最新設備が利用されています。

古い施設しか利用できないような病院から変更して、更にいい治療を受けるのもいいと思います。

奈良の整形外科はかなりの数が存在し、その数は200近くあるとも言われています。
どの整形外科を利用するのかはしっかりと考えなければなりませんが、出来る限り最新医療が実現できる所を選んだほうがいいです。
最新の設備によって自分の症状を改善できれば最高ですし、苦労していた生活を変えることができます。
病院を調べる時は検索サイトを有効に活用して、出来る限り情報を知ってから利用することも考えてください。
奈良の整形外科は腕のいい所、そして機器の揃っている所が多いです(^O^)/


給湯システムの修理のおにいさん

koujou_man

先日給湯システムのリモコンが壊れてしまい、キッチンと浴室2つとも取り替えることになりました。
最初修理のお兄さんが調子悪い箇所を見に来た時、ちょっとびっくりしたことがありました。機械の仕組みや故障の状況の説明をする時、リモコンのことを指して「このコ」「あのコ」というのです。
この壁に貼りついてる四角いものが「このコ

息子にに話したら、「きっと機械のことが大好きなんだよ。
俺だってガンプラのことこの子達って呼べって言われたら呼べる。」とのこと。(  ̄д ̄)ノ″Ω へぇ~、そんなもんですか。
3日後、新しいリモコンを取り付けにまた同じお兄さんが来てくれました。

さすが機械が大好きなだけあって、古いものを取り外し新しいものを取り付ける手際はとても良かったです。
作業が終わって、取り外した古いリモコンをホラという感じで私に見せます。
その時お兄さんの口から出た言葉が「こいつらが古いやつですけどね」えっ、この間このコ
って言ってたのに用済みになったらこいつら呼ばわりなの
それともこいつら呼ばわりも愛情の裏返しとか
また息子に報告したら、(* ̄ー ̄*)ふふん!!と笑っただけでした。


そろそろレースカーテンを替えたい!!

結婚して2年目になる専業主婦です。
私達は、結婚してから主人が一人暮らししていた時に使っていた家具をそのまま使っています。
本当はもう少しお金に余裕があれば、私はもう少し可愛い柄のカーテンを買いたいと思っています。
今使っているカーテンは、中はレースカーテンで綺麗なのですが外側がベージュでいかにも一人暮らしの男性が使っていたものといったイメージです。

やっぱり女性の私は、花柄とかチェックとかちょっと可愛らしいものが好きです。カーテンを変えるだけでも全くお部屋の印象って変わると思うのです。
息子も産まれやっぱりちょっとオシャレなリビングにしたいと思っています。
それで色々調べてみたところ、今では店舗にいかなくてもネットで可愛いレースカーテンってたくさんあるのですね。
網目がかなり細かいものや、白だけでなく薄くピンク色になったものまであるんですね!びっくりです。
こんなに可愛いレースカーテンがあったら選びきれません。

そこで私は、ネットで今一番人気のあるものを調べてみました。
するとドルチェレースカーテンというのが一番人気のようです。
ただのレースで可愛いだけでなく、光を受けることで柄が浮かび上がるというフロントレースとしても使えるようです。
これなら我が家にもぴったりだなと思いました。

我が家は、3階にある一番端のお部屋なので日がよく当たります。
これだけ可愛い柄だとお天気の日が楽しみになりそうです。
お値段ももっとすると思ったのですが、意外にも安く1200円からというものもありました。
もちろん人気が高いものはもう少し高いのですが、それでもお手ごろな値段で嬉しいです。
これから年末年始に向けて色々整理もしながら、お部屋のイメージチェンジもしたいので上手にこのレースカーテンを使えたらいいなと思っています。
忙しくて店舗には行けないので、ネットで色々調べて一番良いのを見つけたいと思います。
いろいろと想像しいると、今からカーテン選びが楽しみになってきました。(*^_^*)


わが子とクリスマス会(´・ω・`)

christmas_joshikai

子どもたちの冬休みも間近なこの時期、子どもが入っている子供会主催のクリスマス会がありました。

しかし、我が家は不参加です。理由はうちの子どもが行くのを嫌がったからです(T_T)

多分仲の良い友人が子供会にいないということと、母親である私が一緒に行かないと言ったことが行きたくない理由だと思います。

引っ込み思案で大人しめなわが子、夏休みにあった子供会の行事でも他の子にちょっかいを出されて泣き出す始末でした(´・ω・`)

結構活発な子が同じ地区に多いので、行ったらまたいじめられるとでも思ったのかな???

ひとりでも行けばよかったのにと思いましたが、本人が嫌がっているのに無理やり行かせるのもかわいそうなので、希望を受け入れました。
プレゼントとしてお菓子を役員の方が持ってきてくれたので、それを兄弟で仲良く食べていました。

来年クリスマス会があるかどうかはわかりませんが、いつかは一人でしっかり行動できるようになればいいなと思っています(^O^)/


大都市の排水処理、活性汚泥法?

毎日の生活の中で、私達はどれぐらいの汚水を流しているのかな?
と考えたことはありますか?

子供との散歩の途中に川を見ると、『川ってこんなにも、汚れていたかな…』と感じます。
子供が『お魚さん見えないね。』と残念がる姿を見ると、『私が子供の頃は、川で泳ぐ魚を見ることが出来たのにな。』と感じます。

夏は、川で思いっきり泳いで、魚や沢蟹を捕まえて遊んだ記憶があります。
でも、今の時代には、田舎に行かないと、そんな経験出来ませんよね(´・ω・`)

nature-in-city_2964416
この子が大きくなったら、この川はどうなっているんだろう???
と考えてみるとちょっと怖くなります。
綺麗な水と、綺麗な空気を残してあげたいですよね(*^_^*)

では、大都市では、毎日でるたくさんの下水をどのように処理しているのかご存知ですか?
それは、活性汚泥で排水しているのです。
『活性汚泥法』というようです。

神奈川県の大都市である横浜市もこの活性汚泥による排水処理装置で排水処理を行っています。
横浜市のホームページからも、この『活性汚泥法』のしくみを見ることが出来ます。
図入りで解説されているので、小学生ならば理解出来そうです。

この活性汚泥で排水する仕組みは、下水や排水に空気を送り込んで、活性汚泥を発生させて、
この活性汚泥を利用して水中の有機物を分解し、浄化する方法です。

活性汚泥の中には、たくさんの微生物が存在しています。
それらの微生物が活性汚泥に含まれる有機物を食べて分解して、無機質化、ガス化してくれるのです。
この方法は、かなり前から使用されているようで、工場の排水処理や、もちろん家庭からでる生活排水の処理にも役立っているようです。

微生物によって、私達が汚した水を綺麗になるということを考えると、やはり生きとし生ける物、どんな小さな命も大切にしなくてはと思いますね(^_-)-☆

子供たちにも、もっと、わかりやすく伝えることが出来れば、きっと水を大切にしよう、命を大切にしようと思ってくれるかなと思います(^O^)/

子供たちに伝えるためには、まず大人がその仕組を理解しないといけませんね!!


ペヤングの虫混入騒動

ここのところニュースをとても騒がせている「ペヤング」ゴキブリ混入騒動なのですが…
ただ今そのゴキブリが製造過程で混入したのか?
それとも第三者によって意図的に混入されてしまったのか??
まるか食品による検証が行われているようです。

そのゴキブリの死因は加熱によるものだったそうです、なので麺を揚げた時の油で死んだということらしいのですが、さらにはその油が麺を揚げた時に使われているものかはたまた別のものなのか詳しい検証がされているそうです、
もうここまで来ると殺人事件の検死と変わらない体です。

私もはじめはといった表現だったのが、最近では明らかにゴキブリと表現されるようになり、さらにはことが発覚した経緯が混入したペヤングを購入した人がツイッターに投稿し
それが騒ぎになってまるか食品が事実だと認めたことを知り、画像検索をしてみると確かに…
これは完全に(>_<)が入っていることが確認されました。

野菜に混入することもあるとかそういった話もあったのですが、揚げた麺のなかに一目ではっきりと(ーー;)わかるように入ってしまっていたのでこれは問題になるわといった感じでした。

いくら流れ作業とはいえ、製造過程で異物混入をチェックするシステムはなかったのかな?と疑問にすら思えます。

bug_gokiburi


三宮に住んでいた時に通っていた歯科医院

私は昔親の転勤で三宮に3年ほど住んでいたことがあります。
それまではずっと東京で暮らしていたので、初めて関西に来て文化や言葉の違いにびっくりした記憶があります。

まず三宮の人たちはもちろん関西弁を話します。
ちょっとした言い回しが(?_?)わからなかったり、イントネーションも全然違うので最初は(-“-)戸惑いましたが、慣れると(*^_^*)楽しくなってきました。

三宮はとても賑やかな所で、東京に負けず都会的なところです。
繁華街もあったりしてなかなか楽しい場所でした。
休日は神戸の外国人居留地のほうに行ったり、異人館に行ったりして半分観光という感じで過ごしていました。
海が近いのも素敵だなと思いました。

私はもとから歯の質は悪くないほうで、小さい頃からほとんど歯医者に行ったことがありませんでした。
しかし小学生の時に一度虫歯になってしまい大変(>_<)ショックを受けました。
幸い乳歯だったので永久歯に生え変わった時に虫歯も歯ごと抜けて安心しましたが、それ以来定期的に歯医者に行って定期健診を受けることにしていました。

歯科医院も探すことにしました。
歯科医院はたくさんありますが、地元の人に評判の良いところを聞いて行ってみることにしました。

私が初めて行った三宮の歯科医院はとても(*^_^*)雰囲気が良く、子供の私でも行きたくないということはありませんでした。
そこは小児歯科もやっていて、若い男性の先生が診てくれます。
先生は診察も口調もとても丁寧で、小さい子供からお年寄りまで人気があるそうです。
診察が終わると必ず子供にちょっとしたおもちゃと歯ブラシをプレゼントしてくれます。
大人にも必ず歯ブラシをお土産にくれます。

三宮に住んでいた時には4ヶ月に1回くらいは必ずその三宮の歯科に通っていました
行くと毎回先生も待っていてくれて、ちょっとした雑談もしていました。
なんとなく行くのが楽しみになり、歯医者に対する抵抗も全くありませんでした。

その時のことが習慣となり、いまだに定期的に歯科医院に通っています。


最近読んだ本のまとめ (*^_^*)

vampire

ヴァンパイア・サマータイム』普通の少年少女が恋をする話。
違うのは少女が吸血鬼なことだけ……。
チートもなければ異能もない、吸血鬼が日常にいるだけの普通の世界で普通に恋をするのがよかったです。
二人が少しずつ「好き」を積み重ねて恋に至るところがいいですね。
ちょっとしたお色気要素を除けば十分一般小説でもやっていけそうな、テーマと文章力でした。

普段ライトノベルを読まない人にもとっつきやすいかもしれません。
煌夜祭』これは再読。
冬至の夜語り手たちが物語を語り合う「煌夜祭」ある島で二人だけの煌夜祭を行う語り手の話。やっぱ面白いな!
と再確認。これでデビュー作とかびっくりですよ。
短編を積み上げて一つの結末を導き出すという構成がとにかく美しい。
あと文庫版書き下ろしの短編に泣きました……

何重の意味で叶わぬ恋でしたが、それでも救いはあったのだと信じたい結末でした。
やっぱりこの人はすごい。
物語を愛しているんですね。本は人生を豊かにするな、とつくづく思います。
ここに書いて誰かが本に興味を持ってくれればいいのですが。


考古学調査で活躍する非破壊検査の技術

最先端の建築分野で大活躍する非破壊検査の技術ですが、まったく逆の古代の建物に対しても大きな効果を発揮します。 非破壊検査の技術が大きく貢献しているのが、考古学の分野です。
考古学の分野では遺跡や出土品を検査することで新たな発見がもたらされるのですが、一番問題になるのが遺跡や遺物を保存しつつどのように調査を行うのか、ということです。

検査対象物そのものに価値があるため、いくら調査のためとはいえ迂闊な調査は行えません。
万一は損が発生してしまえば人るの貴重な財産を失ってしまうことになりかねませんから、細心の注意を払って傷をつけないように調査を進める必要があります。

遺跡遺物を破壊せずに調査を行いたい。
そんな考古学界のニーズは、非破壊検査の技術とぴったりと合致します。対象物にダメージを与えずに検査を行うことができますから、この技術をフル活用することで古代の神秘を解き明かしつつ人類の遺産を守るという課題をクリアできるです。

古代エジプトを代表する遺跡であるピラミッドは、内部調査が進められているものの今なお未解明の部分が数多く残された神秘の遺跡です。調査目的であっても破壊することは許されませんし、一部を破壊することで全体にまでダメージが及んでしまう可能性があるので調査はなかなか進んでいません。

そんな停滞した状況を打破するのに役立ったのが、非破壊検査の技術です。対象物を破壊せず内部構造からその先の状況までを確実に調べることができるので、ピラミッドの内部構造を正確に調査することが可能になり、未解明部分がどのようになっているのかをダメージを与えずに明らかにすることができました。

現在ではピラミッドの内部構造に関してはかなりの正確性で解明に成功しています。本格的な調査をどのように行うのかは今後の検討課題ですが、移籍を破壊せずに内部を調査出来たおかげで遺跡調査が飛躍的に進んだのは事実です。今後も色々な遺跡の調査に技術が応用されていくことでしょう。


旦那の両親 アリガトォ

旦那の浮気が発覚してから、何だか何もやる気が起きない私。( _ _ )
事情があってパートも辞めたばかりだったので、ほとんど一日家に引きこもる毎日を繰り返し・・・
本当は、パートの時間がなくなると思って、その分「あれもしたい!これもしたい!」とワクワクしていたのに・・・(ノ_・。)

旦那の浮気の事で頭いっぱいで、食事も喉を通らず、何も手に付かない。全く予想外の展開です。
パートを辞めた理由の一つは、妊活
そろそろ子供も欲しくなり、真剣になってみようと思っていた矢先・・・

旦那ともちゃんと話し合って決めた事だったのに、そんな中でまさか浮気をしていたとは・・・
そんな中、救世主が!旦那の母親でした。
様子がおかしいと何となく感づいていた母が、ある時私を旅行に誘ってくれて、初めて二人だけで長い時間を過ごしました。

そこで、ずっと誰にも言えなかった悩みを打ち明け、それを聞いた母に「そう。辛かったね。ごめんね。
と言われた私は、人目もはばからず号泣。・゚゚ ‘゜(*/□\*) ‘゜゚゚・
旅行から帰って、事情を聞いた旦那の父は烈火の如く怒り、我が家に怒鳴り込んでヽ(`Д´)ノ来たのでした。

きつくお灸を据えられた旦那は猛反省し、現在は夫婦で妊活に励む毎日です。
旦那の両親に本当に感謝。(*´∀人)ありがとうございます♪

text_kansya
末永く長生きしてもらえるよう、大切にしていきたい
と思う今日この頃です。


大阪の医学部予備校に通っていた友人

大学で知り合った友人は医者を目指していました。
友人は高校時代から理数系のコースに属していたようで、その時からずっと医者になりたいという希望を持っていました。
もともと友人のお父さんが小さい病院をやっていて、ゆくゆくは友人もその病院を継ぎたいと
思っていたといいます。 ヾ(驚゚∀゚*)ノ゙ スゴォオォイッッ!!

小学校の頃から数学や理科が得意だったようで、そのこともあり普通に理数系の道に進んだそうです。
それでも大学の医学部に入るのは大変で、友人は2浪していました。

実家が大阪で、地元の大阪市の医学部予備校にずっと通っていたそうです。
友人の通っていた大阪の医学部予備校はとても評判が良いようで、東大慶応の医学部など
有名どころにたくさん合格者を輩出していました。
たくさんのライバルたちに囲まれて友人も切磋琢磨して頑張ったようです。 ( • ̀ω•́ )✧

ライバルの友人が先に有名大学の医学部に合格したと聞いた時はとても悔しい思いo(><)oをしたそうです。
それでも友人は負けじとひたむきに勉強を続けたそうです。
友人のたゆまぬ努力が実を結んで晴れて医学部に合格できました。
その時は家族や親しい友人たちが大変喜んだ(*´∀`人)といいます。
私は文系なので理数系は苦手で医学部なんて一生かかってもまず合格できないと思います。(´・ω・`)しょぼーん

友人の話を聞いていると本当に友人は優秀で努力家ですごいなと感心してしまいます。
そんな友人と大学で知り合えたのも本当に嬉しいことです。ヾ(≧∇≦*)/
友人は2歳年上ですが、歳が違っても話しているととても楽しくて距離を感じさせませんでした。

その友人はとにかく努力家で暇があれば読書や勉強に励んでいました。
大学の勉強だけでなく自分でラジオを聴いて英会話を勉強したり、運動をしたりと色々なことに一生懸命でした。
そんな友人と一緒にいると私も頑張らなくてはという気になり、大変刺激を受けていました。

今では友人は晴れて医者になり地元の大阪で活躍しています。
大病院で勤務していますが、実家の病院を継ぐために日々修行中だと言っていました。
きっといい先生になれているのではないかと思っています。
(●´艸`)ムフフ.。oO


スポンサーリンク