2014年12月08日 一覧

スポンサーリンク

フォトエッチング加工とは?

nichiyoudaiku

最近、DIYにはまっていてホームセンター巡りやインターネットでいろいろ調べています。
この間気になったのが、フォトエッチング加工という加工法です。
(?_?)聞きなれない加工法なのでどういう加工法なのか調べてみることにしました。
自分でもできるようだったら試してみたいなと思ったからです。
最初は写真を加工する技術なのかと思ったのですが、ぜんぜん違うみたいでした。

まずフォトエッチング加工のエッチング加工というのは。
エッチング液などの化学薬品を使用して化学反応や腐食作用により加工したいものを溶解加工や化学切削するという加工方法ということです。
加工したいものにマスキングをしてからエッチング液を使用することによって必要な加工形状を作ることができます。
この加工法はテレビで見たことがあるような気がします。
腐食性があるものだったら表面を加工したり、素材そのものを加工することができるようで、よく知られているのはガラスの加工ということです。
ガラスに装飾を施すときに使われる加工技術です。

フォトエッチング加工というのは、名前から少しは想像が付きますが、エッチング加工と写真の精密な技術を合わせた加工技術ということです。
精度の高い加工ができるので、極薄板部品、極小部品や複雑で特殊な形をしている製品、薄板金属加工などエレクトロニクス製品の加工に役立つ方法です。

少し調べてみただけですけど、(^_^;)自分にはできない方法だということがわかりました。
専門の人にしかわからないような技術だと思いますが、いろいろな研究や試行錯誤の結果たどり着いた加工技術なのでしょう。
でもフォトエッチング加工ができたことによっていろいろなものの精度が上がり、小型化、精密化することができるようになったみたいです。
自分の知らないところでいろいろな部品にこのフォトエッチングが使われているんでしょう。
これからもどんどん改良されていってさらに精度の高い加工ができるようになって、もっとすごい製品ができるようになると思います。

 


スポンサーリンク