大阪の医学部予備校に通っていた友人

スポンサーリンク

大学で知り合った友人は医者を目指していました。
友人は高校時代から理数系のコースに属していたようで、その時からずっと医者になりたいという希望を持っていました。
もともと友人のお父さんが小さい病院をやっていて、ゆくゆくは友人もその病院を継ぎたいと
思っていたといいます。 ヾ(驚゚∀゚*)ノ゙ スゴォオォイッッ!!

小学校の頃から数学や理科が得意だったようで、そのこともあり普通に理数系の道に進んだそうです。
それでも大学の医学部に入るのは大変で、友人は2浪していました。

実家が大阪で、地元の大阪市の医学部予備校にずっと通っていたそうです。
友人の通っていた大阪の医学部予備校はとても評判が良いようで、東大慶応の医学部など
有名どころにたくさん合格者を輩出していました。
たくさんのライバルたちに囲まれて友人も切磋琢磨して頑張ったようです。 ( • ̀ω•́ )✧

ライバルの友人が先に有名大学の医学部に合格したと聞いた時はとても悔しい思いo(><)oをしたそうです。
それでも友人は負けじとひたむきに勉強を続けたそうです。
友人のたゆまぬ努力が実を結んで晴れて医学部に合格できました。
その時は家族や親しい友人たちが大変喜んだ(*´∀`人)といいます。
私は文系なので理数系は苦手で医学部なんて一生かかってもまず合格できないと思います。(´・ω・`)しょぼーん

友人の話を聞いていると本当に友人は優秀で努力家ですごいなと感心してしまいます。
そんな友人と大学で知り合えたのも本当に嬉しいことです。ヾ(≧∇≦*)/
友人は2歳年上ですが、歳が違っても話しているととても楽しくて距離を感じさせませんでした。

その友人はとにかく努力家で暇があれば読書や勉強に励んでいました。
大学の勉強だけでなく自分でラジオを聴いて英会話を勉強したり、運動をしたりと色々なことに一生懸命でした。
そんな友人と一緒にいると私も頑張らなくてはという気になり、大変刺激を受けていました。

今では友人は晴れて医者になり地元の大阪で活躍しています。
大病院で勤務していますが、実家の病院を継ぐために日々修行中だと言っていました。
きっといい先生になれているのではないかと思っています。
(●´艸`)ムフフ.。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加