夫が大阪や京都に単身赴任することになりました

スポンサーリンク

夫に転勤の話がありました。
新規店舗の立ち上げのため、大阪か京都にいかなければならないのだそうです。
ですが、3年でまた戻ってこられるそうです。
私たちは結婚して10年、8歳になる娘と5歳になる息子がいます。
家族が(>_<)離れる期間として3年は長いです
大阪であろうが、京都であろうが家族みんなでついていくという方向で話していました。

しかし、3年で行って帰ってだと、小学2年生の途中で転校して、小学5年生の途中で帰ってくるということになります。
息子に至っては幼稚園の途中で編入して、小学校に上がり、小学2年生で転校することになります。
できれば、あまり転校を繰り返させたくはありません

それに、我が家は持ち家です。
空家だと家の劣化が早くなると言います。
しかし、3年限定で賃貸に出すのは借り手が(>_<)付きにくそうだし、何よりよく知らない人に家に入ってほしくはありません
そういったことを話し合い、申し訳ないですが夫には大阪や京都に単身赴任してもらうことになりました。

大阪や京都のどちらになるかはまだはっきりわかっていません。
私にはわかりませんがなんだか色々難しい調整があるそうです。
でも、行くことだけは決まっています。そういうこともあるのですね。

なんだかはっきりしませんが、単身赴任は決定事項なので準備をしなくてはなりません。
大阪、京都のどちらにしても社宅を用意してくれるそうなので住居の心配はありません。
(ーー;)心配なのは夫の生活です。
何しろ結婚するまでは実家暮らしで夫の母親が、結婚してからは私が彼の身の回りの世話をしているので、夫自身はレンチンぐらいならできるといった程度の家事能力なのです。
しかし、毎日、外食やコンビニ弁当では体を壊してしまいます。
少なくとも(^_^;)炒め物ぐらいはできるようになってほしいです。

そこで、大阪や京都に単身赴任になるまでの土曜日の昼は2人で、日曜日の昼は夫にご飯をつくってもらうことにしました。
土曜日はワイワイしながら、日曜にはレシピと悪戦苦闘しながら作ってくれています。
正直、夫の手際に(>_<)ハラハラすることも、料理がしょっぱかったりしたこともありましたが、目をつぶってほめちぎっています。
そのせいか、少し料理に目覚めてくれたみたいです。
これで、大阪や京都に単身赴任に行っても、夫の食生活は大丈夫かなと胸をなでおろしています…

cooking_papa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加