クレイアートに嵌っています

スポンサーリンク

クレイアートって知っていますか。年度を使って作品を創作するアートのことなのですが、私は今これに嵌っています。

hanataba

お人形やブローチ、ブーケ、小物入れなど結構色んなものが作れるのですよ。

子どもの頃にしていた粘土遊びを思いだすと手が汚れていたようなイメージがありますが、クレイアートに使う樹脂粘土は手にもつかず、部屋も服も汚れません。

私がクレイアートにはまったきっかけは教室を見かけたことです。

普段は電車で通勤している道のりを天気も良かったので何となく2駅分だけ歩きました。

その道程にこの教室があったのです。

ウィンドウにとても豪華なブーケが飾られ、その周りには可愛らしいお人形がちりばめられておりとても素敵でした。

仕事が終わるのが不定期なので月謝制だったら躊躇したかもしれませんが、そこは月謝制ではなく、1回の受講料もそんなに高くありませんでした。

それで、なんとそのままその足で受講予約をしてきてしまったのです。

1回目の受講時に作ったのはとても簡単な小物です。

マグネットを埋め込んだウサギの顔を作りました。

今も冷蔵庫の扉で活躍してくれています。

それからも不定期に通い続け、作品は増え続けています。

飾り付けている棚の上や、賑やかになった冷蔵庫の扉を見るとにんまりしてしまいます。

今はブーケに挑戦中です。

ウィンドウに飾られていたブーケがとてもかわいかったのでずっと挑戦したかったのです。

小さなブーケで、しかもまだ1輪分しか作れていませんが、細かなパーツが多くて少し大変です。

でも、教室の先生に教わりながらですので不器用な私でもそれなりのお花ができました。

あと数輪のお花を作り、コーディングしていきます。

完成したら出窓に飾る予定です。

今は何もない出窓を見るたびに夢も膨らみます。

そして、この教室ではクレイギフト科講師の免許を取得できるそうなので、今はその勉強もしています。

資格を取って何をするというわけでもないのですが、今は勉強するのがただただ楽しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加