2015年07月03日 一覧

スポンサーリンク

インプラント治療を受ける間にすべきこと

インプラント治療には高額の治療費と長時間の治療期間が必要です。

一本だけの治療であったとしても数十万円の治療費と数か月の治療期間が

必要であり、治療するのが複数本、または多数の本数にでもなってしまえば

治療は数百万円、治療期間も年単位でかかることも稀ではありません。

それだけの治療費と時間をかけるのですから治療を始める前に

しなければならないこと重要なことが二つあります。

一つ目は治療を受ける医療機関をしっかりと探すことです。

インプラント治療は一部の場合を除いて健康保険が適用されませんので、

すべてが自由診療となります。これは医療機関が自由に治療費を決めることが

できるということですので、同じような治療であってもかかる費用が

大きく違うということがありえます。もちろん、相場というものがありますので、

それなりの治療費の範囲はありますが、

健康保険のように決められているわけではありませんので、

治療費の上下差はそれなりに存在します。

医療機関によって若干の治療方法の違いがありますので、

なるべくたくさん事前に調べて、できることなら安くてもよい治療が

受けられるような医療機関を選ぶことが必要です。

安さばかりと追いかけたりすると、のちに後悔することもあります。

治療の成功不成功は良い医療機関を選ぶことができるか

どうかにかかっているといっても過言ではありません。

二つ目には治療を受ける医療機関を選択することができれば、

治療費の準備をしなければなりません。医療機関のサイトがあれば、

治療費などの概算が分かる場合もありますが、

実際には自分で思っているよりもお金が余計かかることの方が

多いと考えなければなりません。自分が思っているよりも費用は

1.5倍程度かかっても構わないようにお金を準備したほうが良いでしょう。

自分の考えで予算を決めてしまい、

その予算にぎりぎりでお金を用意すれば、

足らないときに治療のグレードを下げたりしなくては

ならなくなってはダメだからです。

私もインプラント治療を和泉市で積極的にやっている歯科医院

探しているところです。


遮熱塗料の機能性

私は以前、塗料メーカーに勤務していた経験があります。
営業として市役所や工場へ赴き製品のPRをしていました。
床材、外壁、屋根など様々な商品がある中で当時もっともお客さんの興味を引きやすかったものが…「機能性遮熱・遮熱塗料」でした。
エコ・省エネ・環境対策が叫ばれる昨今、需要も高まっていました。
今回はこの遮熱塗料についての記事を( ..)φ書きたいと思います。

そもそも遮熱塗料とはどういったものなのでしょうか?
色を塗布する以外にどんな付加価値が(?_?)あるのでしょうか?
まず一つ、遮熱塗料を屋根に塗ったとしましょう
”遮熱”ですので当然、室内に熱が室内に伝導するのを抑えます。
ここでポイントとなるのが”遮熱”との(?_?)違いです。
遮熱塗料熱(日光)を反射して熱の滞留を防ぐのに対し、遮熱塗料塗った塗料に熱をため込んでそこから室内に入らせない、という機能を持っています。

どちらがより熱を抑えられるかは、(^_^;)塗った塗料の色その建物がある環境によって(ーー;)異なるようです。
このような機能から、主に夏は室内の冷気を保つために求められます。
エアコン消費電力を抑える役割として工場や一般家庭においても需要はあるようです。

詳しくは書きませんが、他の付加価値として「防カビ(結露など)」「防音(雨音など)」を持っている遮熱塗料もあるようです。


スポンサーリンク